{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

十二代 中里太郎右右衛門窯 斑唐津湯呑2

22,000円

送料についてはこちら

SOLD OUT

径約5.8cm 高さ約7.3cm 箱無 十二代 中里太郎右衞門窯 唐津湯呑各種 昭和40年代 昔の太郎右衞門窯の作品です。 大きな窯元は昔から窯ものといってその窯元の定番品を作っていました。 歴史が長い分その定番の窯ものも長い期間作られるのですが、その間窯の中で作り手が変わることもしばしばで、 同じデザインの定番と言われながらも形、重さは時代時代によって異なります。 ですので同じ12代の頃の窯もの、と言えど差異が生じます。 今回ご紹介するものは昭和40年代、中里重利氏が轆轤をひいていた時代のものです。 土も現在の窯ものに使用されているものとは異なります。 その後の三玄窯の作品にも繋がるような形ですが、若い頃の伸びやかな唐津らしい轆轤だと感じます。 現在当店が在庫してある分で終了です。もうなかなかに市場には出てはこない作品ですので、気になられた方はこの機会に是非。 *ご利用のパソコンやスマートフォンによって、色味など見え方に違いがある場合がございます。あらかじめご了承下さい。器は陶器、磁器に限らず使用していくと経年変化で色が変化していきます。気になられる方はお問い合わせよりお問い合わせ下さい。 ※粉引の作品に関しまして。特に粉引の種類に関しましては吸水性の高く、グレーに表面が変化していきます。作品の経年変化を楽しむためのものですので使用に問題はありません。

セール中のアイテム