黒唐津徳利 江戸初期
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

黒唐津徳利 江戸初期

残り1点

¥60,000 税込

送料についてはこちら

直径約9.7cm 高さ約12cm 箱なし 江戸初期 発掘の黒唐津徳利です。容量は1合半程でしょうか。 ゆったりとしたフォルムで几帳面なこの高台の削りは金石原や岳野といった松浦系唐津に見られます。 首部分は呼び継ぎで同じ黒唐津の首が接着されています。 こちらが伝世無傷になると油徳利として使用されていた可能性が高く、油の匂いが抜けないものがほとんどですので、逆にこのような発掘のものが酒器としては向いていると日頃からお客様にはご説明しております。 古唐津入門として最適ですが、昔から個人的にこの徳利が好きで、案外形の良い、ジャストサイズを探すとないものです。 また飴色の黒が盃を引き立たせてくれて、改めて評価されるべき古唐津の徳利なのではないかと思っています。 *こちらの商品は骨董になります。時代の経っている作品ですので、使用感、小傷などある場合がございます。画像でご確認下さい。詳しい画像をご要望の方はお問い合わせよりご連絡下さい。 *ご利用のパソコンやスマートフォンによって、色味など見え方に違いがある場合がございます。あらかじめご了承下さい。器は陶器、磁器に限らず使用していくと経年変化で色が変化していきます。気になられる方はお問い合わせよりお問い合わせ下さい。